OpenStreetMap

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

OpenStreetMap (略称 OSM)とは誰でも自由に利用、編集することのできる地図検索サービスである。

概要[編集 | ソースを編集]

OSMの地図データはODbLというフリーなライセンスでライセンスされている。要するに地図サービスのWikipedia版みたいなもの。 GoogleMapとの決定的な違いは、GoogleMapが莫大な収益を生み出しているのに対し、OSMは自由に利用できる無収益型のサービスになっていることである。

最近ではAppleや、Foursquare、YahooJapanなどが次々とOSMを採用している。

また、OSMの地図データを編集するにはOSMのアカウントとエディタが必要である。

OSMを編集する人をmapper(マッパー)、OSMを編集すること自体をmapping(マッピング)ということが多い。

mapping中、疑問に感じたことがあったときはOSMWikiを見れば大体解決してしまう。

活用・利用[編集 | ソースを編集]

行政[編集 | ソースを編集]

会津若松市ではOSMの地図データを使用したハザードマップを各家庭に配布した。

ナビゲーションサービス[編集 | ソースを編集]

編集方法[編集 | ソースを編集]

主に

  • OSMに使用許可されている航空写真や地図をエディタでトレースする
  • 自分が集めたGPSログをエディタでトレースする

などがある。他はwikiのページでも見て。

著名なOSMエディター[編集 | ソースを編集]

  • JOSM Javaで書かれたOSMエディタ。
  • iD Javascriptで書かれたエディタ
  • potlatch

参考文献[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]