Portable Class Library

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

Portable Class Library(通称:PCL)とは、.NET Frameworkのライブラリのうち、OSに依存しない汎用的なライブラリのことである。

概要[編集 | ソースを編集]

ポータブル クラス ライブラリ (PCL: Portable Class Library) プロジェクトは、Windows Phone 7、Silverlight、Microsoft .NET Framework、および Xbox 360 の各プラットフォームで参照できるマネージ アセンブリを生成します。これにより、コードを最大限に再利用し、必要なプロジェクトの数を削減できます。特に、この記事付属のデモ アプリケーションのように、同じコードベースを共有するマルチターゲット アプリケーションの場合にこの効果が顕著に現れます。

PCLとNuGetを組み合わせると環境ごとに依存コードで分岐させることもできる。

実のところPCLはWindows Phone 7とSilverlightのせいで残念なことになっている。 そんなゴミは切り捨てるのが吉である。 将来的には.NET Coreの普及で削除だろう。

結論[編集 | ソースを編集]

PCLを使えばMonoGameXamarin.MacXamarin.iOSXamarin.Androidのプロジェクトを必要最低限で作れるかと思ったが、実際にやってみたところPCLの制約が多すぎてXamarin.Macで大まかなデバッグ環境を作ってマクロ(#ifdef)でXamarin.Androidなりの依存部分を分岐させた方が捗るという結論に至った。

関連項目[編集 | ソースを編集]

参考文献[編集 | ソースを編集]