Windows PowerShell

提供: MonoBook
PowerShellから転送)
移動: 案内検索

Windows PowerShell(読み:ういんどうずぱわーしぇる)とは、マイクロソフトcmd.exeに代わるべく開発したCUIシェルおよびスクリプト言語である。

名称[編集]

Windows PowerShellという正式名称は長ったらしいのでWindowsと付けずに単にPowerShellと呼ばれたり、さらにはPSと略されていることも多い。

なお、PSまで短く略すとUNIXOSでプロセス一覧表示用に使われpsコマンドやPlayStationと混同される恐れがあるので注意する必要がある。ちなみにPowerShellでもプロセス一覧表示にはpsコマンド(Get-Processコマンドレットの別名)がデフォルトで割り当てられている。

かつては Microsoft Shell(MSH、コードネーム Monad)とも呼ばれていたが、今ではその呼称で呼ぶものはいない。

概要[編集]

PowerShellは古くからWindowsで使われているcmd.exeや、UNIXLinuxで使われているcshbashzshなどとは一線を画す独特な作りとなっている。

PowerShellの各コマンドコマンドレットcmdlet)と呼ばれ、その実態は.NET Frameworkクラスである。

歴史[編集]

PowerShell 1.0[編集]

PowerShell 2.0[編集]

従来はバッチファイル的な意味合いだけであったスクリプト言語部分が大幅に拡張され、C#などを使わずともPowerShellスクリプトだけで関数コマンドレットが作れるようになり、プログラミング言語としての意味合いが非常に強くなる。

PowerShell 3.0[編集]

2012年9月4日(米国時間)にWindows Management Framework 3.0WMF)に含まれるかたちで無償公開された[1]。なお、Windows 8およびWindows Server 2012には標準でWMF3.0が含まれているため別途インストールする必要はなく、それ以前のWindows 7Windows Server 2008 R2を利用している場合にはマイクロソフトサイト上からダウンロードしてインストールする必要がある。

主な変更点

使い方[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]