Q学習

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Q学習英語:q-learning)とは、機械学習の手法のひとつである。

概要[編集]

Q学習は古典的な機械学習手法である。

Q学習でググると小難しい説明が多いようだが、大雑把にいえば、 関数qは、ある状況sにおいて、行動aを選択した場合の結果を得点(報酬)として返す。 このQ(s,a)関数の行動aを変えまくって最高得点が出るパターンを力技で見つけるというものである。 「力こそパワー」である。

Q(s, a)

行動aの試行回数を多くすれば性能は次第に向上する。 勉強に近道はないということだな。

2015年2月26日にグーグルでAlphaGoを作った人たちが、 古典的なQ学習を、流行りのディープラーニングに喰わせた「DQN (Deep Q Network)」という画期的な人工知能を発表し、とくに日本で話題となった[1][2]

関連項目[編集]

参考文献[編集]