RAID

提供: MonoBook
移動: 案内検索

RAID(読み:れいど)とは、複数台のハードディスクシリコンディスクを組み合わせることで仮想的な1台のハードディスクとして運用できるようにし、冗長性を向上させ、データ転送速度を向上させ、また大容量を実現する技術である。

語源[編集]

一般的には「Redundant Arrays of Inexpensive Disks」の略称である。後にRAID装置を作っているメーカーたちは頭字語がイマイチだとして「Redundant Arrays of Independent Disks」と呼び出した。

概要[編集]

RAIDは、1988年カリフォルニア大学バークレー校デイビッド・パターソンガース・ギブソン,、ランディー・カッツによる論文「A Case for Redundant Arrays of Inexpensive Disks (RAID)」に於いて提唱された[1]

この論文は、安価で低容量、価格相応の信頼性のハードディスクドライブ (Inexpensive Disk) を用い、大容量で信頼性の高いストレージ補助記憶装置)をいかに構築すべきかを提案したものである。論文にはハードディスクの構成によって、RAID1からRAID5までの5種類を定義している。後にRAID5を拡張したRAID6が定義され、RAID5より耐障害性が必要な場面で利用されている。

なお、RAID0ストライピング)は前述の論文では提案されておらず、冗長性も確保されないことから正式にはRAIDではない。ただし世間一派ではRAID0もRAIDの一種とみなされている[2]

はじめに定義された6種類のうち、RAID2はほとんど利用されず、RAID3RAID4もRAID全体の中では少数派である。今日ではRAID0RAID1RAID5RAID6含む)、およびこれら3方式の組み合わせが主に用いられている。

主なRAIDの種類[編集]

RAIDの導入を検討するユーザーにとっては、信頼性、速度、予算(ハードディスクの利用効率も含む)の内、どれを重視するかを考え、実情にあわせた導入方法を選択することができる。3つを完全に満たすのは難しいが、2つを満たす現実的な方法は充分にある。

組み合わせ[編集]

複数タイプのRAIDを組み合わせて運用する方式である。大企業の基幹サーバーや、停止することのできない重要なサーバーなどでは、RAID0RAID5で構成された複数の領域を、別のディスクアレイ装置RAIDコントローラーRAIDケース)と組み合わせて、RAID1により2重化するといった大規模な構成も珍しくない。

基本的にRAIDコントローラーRAIDケース含む)が物理的に分かれており、それらをRAIDの技術で冗長化するような構成を言い、これによりハードディスクではなくRAIDコントローラーが故障して壊滅する事態から保護することができるようになる。RAIDコントローラーの故障による壊滅的状況は意外とよくあることであり、RAID1系以外は復旧は非常に難しい。RAID5を敬遠する人の多くはRAIDコントローラーの故障を経験している。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. Patterson(1988)
  2. パターソン&ヘネシー (下) p.530