RPG Paper Maker

提供: MonoBook
移動: 案内検索

RPG Paper Makerとは、オープンソースのものとで開発が行われている2.5DのRPGを作るためのゲームエンジンである。

概要[編集]

RPG Paper Makerは大雑把にいうと、RPGツクールと非常に類似したゲームエンジンであり、主にペーパーマリオRPGと類似したゲームを簡単に作れる。3Dマップに2Dスプライトのキャラクタという構成で、ゲームの見た目は3Dになるが開発は2Dの要領で行え、開発の「効率」と「難易度」のバランスが良いという代物である。

基本操作はマウスでポチポチであるが、上級者向けにはJavaScriptでスクリプトを組むこともできる。

RPG Paper Makerはオープンソースであり、マップエディタなどのデータ形式も公開されているため、Cocos2dMonoGameなどのフレームワークで開発しているシューターやアクションゲームなどのマップエディタとしても活躍する。


RPG Paper Maker自体の開発にはQtが使用されておりマルチプラットフォームでの動作に対応している。なお、2017年10月5日時点では、RPG Paper Maker公式サイトのダウンロードページではWindowsおよびLinux向けのバイナリのみ配布となっており、macOS向けのバイナリは存在しない。このためMacユーザーはgithubからソースコードを落としてきて自前でビルドする必要がある。

外部リンク[編集]