Reactive Extensions

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Reactive Extensions(読み:りあくてぃぶえくてんしょんず、通称:RX)とは、C#において非同期処理イベントLINQっぽく書ける夢のようなライブラリのことである。

概要[編集]

RXは元々Silverlightに含まれる隠しライブラリであった。 だれかが発掘してその圧倒的な便利さの噂は瞬く間に世界中のプログラマーに知れ渡り、熱い視線を浴びまくって現在はオープンソースとなった。 [1]

あらゆるAPI非同期処理となっているAndroidなどでは桁違いに威力を発揮する。 Xamarin.AndroidとRXの組み合わせでは、コールバック地獄に陥るJavaとは比較にならないほどソースコード可読性が向上し、大幅なバグの抑制が可能であると思われる。 なお、JavaにもRXからリスペクトされたreactive4javaRxJavaなどの類似ライブラリが複数登場しているが、プログラミング言語側の構文的な支援がないため、あまりソースコード可読性は良くなっていないのが実情である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]