RhodeCode

提供: MonoBook
移動: 案内検索

RhodeCode(読み:ロードコード)とは、GitHubのようなWebサイトを手軽に構築できる夢のようなシステムである。

概要[編集]

RhodeCodeはいわゆる「GitHubクローン」と呼ばれる主に社内などのプライベートな領域に「GitHubのようなもの」を作りたいひとのためのシステムである。

RhodeCode自体はPython開発されており、バックエンドにはGitおよびMercurialを利用できる。

2013年10月時点では類似するGitHubクローンの中でも特出して豊富な機能を備えている。ただしWebインターフェースのデザインが絶望的なほど酷い。20世紀末かと思うくらい酷い。すべて台無しなくらい酷い。Windows 8くらい酷い。

ライセンス[編集]

RhodeCodeはオープンソースであり誰もがソースコードを見て再利用できる[1]ライセンス自体はGPL v3をベースに、画像やアイコンなどのリソース部分は独自の商用ライセンスとなっている。

ただし、その活用は紳士協定で20ユーザーまでは無料であり、それ以上は有料となっている[2]

また、有料のクラウド版(ASP版)も提供されている[3]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]