SAS言語

提供: MonoBook
移動: 案内検索

SAS言語とは、米国SAS Institute社が開発するプログラミング言語である。語源は「Statistical Analysis System」らしい。

概要[編集]

SAS言語はビッグデータなどという言葉もなかった1960年代から一貫して今で言うビッグデータ向けの解析言語(統計プログラミング言語)として君臨し、1970年代にNASAのアポロ計画で使用されてからはスーパースターのような扱いを受けているという。一般人には無縁である。

BIツール界のデファクトスタンダード的なプログラミング言語であり、最近ではプログラミング言語としてよりもBIツール(経営者などは結果画面しか見ないので)として認知されていることが多い。

商用かつ大企業がメインターゲットなので非常に高額であるが、大学などにおける研究用途に限り無償で利用できる。 日本では1980年代ごろから九州大学や筑波大学、東京大学に導入されたのを皮切りに、競って他大学も導入しまくったことで、統計などの計算のデファクトスタンダードとなっている。

文法[編集]

公式ドキュメントを読んでみよう。

分野的にはR言語と被るがあまり似ているものではなく、基本的にはgnuplotとソックリである(gnuplotの方が30年くらい後発である)。

関連項目[編集]

  • SAS - 曖昧回避ページ

参考文献[編集]