SPARCstation 20

提供: MonoBook
移動: 案内検索

SPARCstation 20(読み:すぱーくすてーしょん20、略称:SS20、コードネーム:Kodiak)とは、SuperSPARCまたはhyperSPARCというCPUを搭載したサンマイクロシステムズが製造販売していたワークステーションである。

概要[編集]

SPARCstation 20は、SPARCstationシリーズの最終モデルであり、以後はUltraSPARCシリーズへと名前が変わった。 ピザ野郎なプログラマーに非常に人気が高い「ピザボックス」というフォームファクターを採用している。

スペック[編集]

CPU[編集]

CPUは「モジュール」という単位でマザーボードと接続するようになっている。 1つのモジュールには最大2CPUまで搭載することができ、かつマザーボードには2つのモジュールを搭載できる。 よって最大で4個のCPUを搭載できる。

なお、このモジュール接続端子はMBusと呼ばれる。SPARCstation 10も同じMBusだが33MHzで接続されているのに対して、SPARCstation 20では50MHzに高速化されている。

搭載可能な最速CPUはRoss Technology製のhyperSPARC 200MHzである。

メモリ[編集]

SPARCstation 20には200ピンのDSIMMスロットが8個搭載されている。1枚64MBのメモリを8枚刺すことで最大512MBまで搭載できた。

DSIMMSPARCstation 10から使われているサン独自仕様であり、いわゆる普通のPCで用いられたSIMMと似たようなものだが互換性はない。

8スロットのうち2つは若干幅が広く、VSIMMと呼ばれるVRAMビデオカードのメモリ)の増設に使うことができる。

ネットワーク[編集]

コントローラーにAMD Lanceを搭載し、10Base-Tを備える。 イーサネット端子がモリモリ欲しいひとは拡張スロットのSBusに自前でイーサネットカードを挿して使っていた。


関連項目[編集]

参考文献[編集]