ScanSnap iX500

提供: MonoBook
移動: 案内検索

ScanSnap iX500とは、PFUが2012年11月30日に発売したドキュメントスキャナーであり、ScanSnap S1500の後続機となるScanSnapシリーズのフラグシップモデルである。

概要[編集]

ScanSnap iX500は、A4用紙を連続して取り込むことができるドキュメントスキャナーである。

前モデルであるScanSnap S1500と比べ、読み取り速度は20枚/分から25枚/分へと高速化している。 <video type="youtube">0jDqfnXLFLw</video>

新たに用紙を送るピックローラーに加え、ブレーキローラーを搭載し、原稿が重なって送られないように分離する仕組みを実現、読み込みミスを大幅に抑えられている。 ScanSnap S1500と同様に超音波センサーを搭載しており、用紙が重なるマルチフィードを検知することができるので、洋書のコンピューター関連書籍(とくにプログラミング関連)に多く見受けられるペラペラな薄い紙でも快適にスキャンできる。 付属のOCRは処理時間が従来比45%まで短縮され、またUIも大幅にブラッシュアップされている。

また各部品の耐久性も高められており、従来は5万~10万枚が交換時期とされていたが、iX500では公称20万枚へと引き上げられている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]