ServiceStack/はじめに/最初のWebサービスを作ってみる

提供: MonoBook
移動: 案内検索

ステップ1: プロジェクトを作る[編集]

ServiceStackはいくつかの方法でホストすることができる。

  • コンソールアプリケーション
  • Windowsサービス
  • ASP.NETASP.NET MVCなどの一部として同化する


このチュートリアルでは「空のASP.NET(ASP.NET MVCじゃないよ)」上にServiceStackを使ったWebアプリを作ってみる。

ステップ2: ServiceStackをインストールする[編集]

プロジェクトがServiceStackを使えるようにするには大きく2種類の方法がある。

NuGetを利用する[編集]

PM> Install-Package ServiceStack

これ一行でServiceStack関連のNuGetパッケージがどっさり再帰的にプロジェクトに追加され、Web.configなどある程度は自動設定される。なお、ServiceStackのNuGetパッケージは機能ごとに個別に提供されているので、本格的にServiceStackを使う際には必要なパッケージのみを入れるようにするとよい。

なお、MonoDevelopXamarin StudioでもNuGet Addin for MonoDevelop and Xamarin Studioを用いることこの方法で簡単に環境構築することができる。

手動で頑張る[編集]

最新のソースコードダウンロードして自分でビルドし、できあがったアセンブリプロジェクトに追加する。

アセンブリを追加したら、次にWeb.configファイルを編集してServiceStackを登録する。ServiceStackを使ったWebアプリがWebサーバーのルートパスに配置されるのであれば以下のような感じである。

<system.web>
  <httpHandlers>
    <add path="*" type="ServiceStack.WebHost.Endpoints.ServiceStackHttpHandlerFactory, ServiceStack" verb="*"/>
  </httpHandlers>
</system.web>
 
<!-- Required for IIS 7.0 (and above?) -->
<system.webServer>
  <validation validateIntegratedModeConfiguration="false" />
  <handlers>
    <add path="*" name="ServiceStack.Factory" type="ServiceStack.WebHost.Endpoints.ServiceStackHttpHandlerFactory, ServiceStack" verb="*" preCondition="integratedMode" resourceType="Unspecified" allowPathInfo="true" />
  </handlers>
</system.webServer>

他のWebフレームワーク(ASP.NET MVCを含む)と競合を避けつつカスタムパスにServiceStackアプリをホストする場合は以下を参照するとよい。 https://github.com/ServiceStack/ServiceStack/wiki/Run-servicestack-side-by-side-with-another-web-framework

ステップ3: Webサービスを作ってみる[編集]

もし「Global.asax.cs」ファイルが無ければ手動で追加する。Xamarin Studioの新しいファイルダイアログでは「ASP.NET Web Forms」の「コードビハインド付きGlobal.asax」である。

まず、ServiceStackのサービスは3つの要素から構成されるという基本を覚えよう。

  • リクエストDTO
  • サービス実装
  • レスポンスDTO

これはServiceStackの根底にあるドメイン駆動設計(通称DDD)という哲学である。

1: Webサービスを定義する(いわゆるリクエストDTO)[編集]

using ServiceStack.ServiceHost;
[Route("/hello")]
[Route("/hello/{Name}")]
public class Hello
{
    public string Name { get; set; }
}

2: Webサービスの戻り値を定義する(いわゆるレスポンスDTO)[編集]

public class HelloResponse
{
    public string Result { get; set; }
}

3: Webサービスを実装する[編集]

using ServiceStack.ServiceInterface;
public class HelloService : Service
{
    public object Any(Hello request)
    {
        return new HelloResponse { Result = "Hello, " + request.Name };
    }
}

ステップ4: Webサービスを登録してみる[編集]

最後にWebサービスを初期化し登録する。 Global.asax.csファイルを以下のように編集する。

using System;
using System.Collections;
using System.ComponentModel;
using System.Web;
using System.Web.SessionState;
 
using ServiceStack;
 
public class Global : System.Web.HttpApplication
{
    public class HelloAppHost : ServiceStack.AppHostBase
    {
        //Tell Service Stack the name of your application and where to find your web services
        public HelloAppHost() : base("Hello Web Services", typeof(HelloService).Assembly) { }
 
        public override void Configure(Funq.Container container)
        {
            //register any dependencies your services use, e.g:
            //container.Register<ICacheClient>(new MemoryCacheClient());
        }
    }
 
    protected void Application_Start(Object sender, EventArgs e)
    {
        new HelloAppHost().Init();
    }
}

これで完成である。ServiceStackに関するすべての構成はAppHostで行われる。いわゆるアプリケーションのエントリポイントのようなものである。

動かしてみる[編集]

トラブルシューティング[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]