Sitara

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Sitaraとは、テキサス・インスツルメンツが製造および販売を行っているARM系CPU (SoC)のシリーズ名称である。

概要[編集]

とにかく安い。 7ドルくらい。

そして頑丈。 温度ひとつとっても-40度から100度前後まで耐えることができる。

Sitaraは昨今のスマートフォン向けSoCのようなキチガイじみたハイスペックSoCではないが、特定用途であれば従来FPGAを使っていた用途でも置き換えが可能なくらい必要十分な性能であるため主にNASルーターカーナビ産業ロボットなどに搭載されている。

主なプロセッサ[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]