TC358840XBG

提供: MonoBook
移動: 案内検索

TC358840XBGとは、東芝が開発および製造販売する4K HDMI映像信号をMIPI CSI-2インターフェイスに変換するブリッジICである[1]

概要[編集]

TC358840XBGは4KウルトラHD映像を高画質のまま非圧縮でMIPI CSI-2に変換できるブリッジICである。 同ICの製品化は世界初で、2014年4月からサンプル出荷を開始し、9月から量産出荷に移行する。

HDMIからの映像信号はCSI-2に変換される。 なお4K@30fpsおよび1080p@60fpsの場合は映像が左右に分割されたものが2系統で送り込まれるので自力で合成する必要がある。

HDMIからの音声信号は別途、I2STDMSLIMbusのいずれかに変換できる。

応用機器としては、セットトップボックススマートテレビ、小型PCなどが想定されている。 MIPI CSI-2Rasberry PIJetson TK1Bubblegum-96などにも標準搭載されている。 これらの製品では性能的に4Kを処理できるかは不明であるが、少なくともJetson TX1での実装例はGitHubにて公開されており、このモジュールに含まれるドライバLinux4Tegraで無圧縮4Kをゴリゴリ処理してくれ、プログラム側は深く考えずVideo4Linux2で簡単に受け取れるようだ[2]

新製品の主な特長[編集]

関連項目[編集]

関連製品

参考文献[編集]