Thunderbolt

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Thunderbolt(読み:さんだーぼると)とは、アップルが開発したインターフェース規格である。

概要[編集]

ThunderboltとはVESAの制止を無視してアップルDisplayPortを勝手に拡張したものである。 中で使われるプロトコルインテルが開発した。

Thunderboltケーブルには壮大な電子回路が組み込まれており非常に高価なのが特徴。 非常にデリケートな製品であり長さ2メートルの製品の不具合発生率は泣きたくなるレベルである。 なお、50cmのケーブルでは一度も不具合に遭遇していない。

通信速度[編集]

通信速度はThunderboltで10Gbps、Thunderbolt 2で20Gbpsと非常に高速なのが特徴である。

給電能力[編集]

USB PDほどのキチガイじみた給電能力は持ち合わせていないため非常に用途が限られるのが実情である。

その他[編集]

デイジーチェーンが基本であり、USBでいうUSBハブに相当するものは確認されていない。

また、デイジーチェーンが出来ない製品も多い。デイジーチェーンができない製品では接続できる機器数が限られるだけではなくケーブル長が問題になることも多い。たとえばAppleThunderbolt Displayもそのひとつであり、Thunderbolt端子が2個付いているMacBook Pro Retina 13インチ Late 2012にThunderbolt Displayを2台接続しようと試みたがケーブルが短すぎて繋がることは繋がるがかなり厳しい状況であった。

デイジーチェーンが出来る製品では実際にはツリー型に接続しているようで、Thunderbolt機器自体のメイン機能が故障してもデイジーチェーンの先は生きているという状況が確認された。

主な用途[編集]

Thunderboltは主に10GbE40GbEリンクアグリゲーションスタッカブルスイッチマルチパスなどを駆使したiSCSIなどによる壮大なSANを構築するほどお金がない、またはそこまでの信頼性は不要という、そこそこ高速性は必要だが信頼性は不要という分野で使われる。

たとえばパソコンでのビデオ編集などでは安価で絶大な威力を発揮する。

他の用途は特に思い浮かばない。

関連項目[編集]

参考文献[編集]