UNIX System V Release 4

提供: MonoBook
移動: 案内検索

UNIX System V Release 4(ゆにっくす・しすてむ・ふぁいぶ・りりーす・ふぉー、SVR4)とは、UNIX System VBSDを統合したUNIXのことである。Unified UNIX(統合UNIX)となどとも呼ばれていた。なお、Vは数字の「5」を表す「ファイブ」であって「ブイ」ではないが、「ブイ」と呼ぶ人もいた。

概要[編集]

1987年に、元祖UNIXの開発元であるAT&TBSDの神様であるビル・ジョイが率いるサン・マイクロシステムズ、そしてXenixというPC向けUNIXを展開するマイクロソフトの3社が同盟を発表した。

その翌年の1988年に、元祖UNIXであるAT&TUNIX System Vと、BSDの商用版であるサンSunOSが統合され、UNIX System V Release 4(SVR4)が発表、それにあわせサンBSDベースのSunOSを捨てSVR4ベースのSolarisを発表した。

同盟の中にマイクロソフトがいることからも分かるように、当初の計画ではXenixも統合される予定であったが、急激な進化を遂げたLinuxですら21世紀に入りやっと実用化したフレームバッファに当時すでに対応し、X Window Systemすらないコンソール上での日本語の表示もコンピューターグラフィックスの表示も完璧に処理できるほどコンシューマー向けに魔改造されており、すでにUNIXの体を成していないほどであったためかどうか知らないが、統合は見送られることとなった。

対立[編集]

SVR4の発表と同じく1988年にAT&TSunの連合軍に対抗すべく、DECが旗振り役となりアポロコンピュータBullDECヒューレット・パッカードIBMニクスドルフシーメンスの7社によりOpen Software FoundationOSF)が結成され(後にフィリップス日立製作所も加盟)、俗にいう「UNIX戦争」が開戦することとなった。

UNIX戦争の末にOSFに残ったのは「Motif」だけという惨状であった。 一方、SunはUNIX戦争の末にSolarisだけでは戦力不足だと痛感し、Javaを作るに至ったと言われている。

また、その陰でBSDを貫いたMachが地道な進化を遂げ、後のWindows CEMac OS Xへと繋がっていくこととなる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]


外部リンク[編集]