USBスピーカー

提供: MonoBook
移動: 案内検索

USBスピーカー (読み:ゆーえすびーすぴーかー、英語:USB Speaker)とは、USB端子接続するスピーカーのことである。

概要[編集]

USBスピーカーとは、USB接続のデジタルアナログコンバーター(通称DAC)とスピーカーが一体化した製品のことである。 音声信号USB端子からスピーカー本体までデジタル信号として伝送され、内蔵のDACにてデジタル信号からアナログ信号に変換されたものがスピーカーから発せられる。

なんでも繋げる夢の端子「USB」が登場したものの、そこへ接続するものと言えば、キーボードマウススキャナープリンターなど、古くから他のデジタルインターフェイスで繋がっていたありきたりな周辺機器ばかりの中、颯爽と現れたのがUSBスピーカーであり、USBスピーカーに世界中が熱狂し、USB登場初期にはUSBキワモノグッズの代表格として君臨していた。そのためキワモノグッズ、いわゆる安物、という風潮が長らく根付いていた。

データ量[編集]

音声信号自体は映像信号などに比べてデータ量は極めて小さい。以下のように一般的な音声データの転送量はUSBの初版であるUSB 1.0(1.5MB/秒)の理論値よりも遥かに小さいものであり、ピュアオーディオなどで用いられる無駄に高い周波数のデータであってもUSB 2.0(60.0MB/秒)で余裕である。CDと同程度の音質であればチェックサムなどでノイズによるデータ破損を検出をして再送しまくっても楽勝なレベルである。

ピュアオーディオ界ではUSBは僅か数メガバイトのデータ転送でバッファーアンダーランが発生するかのように言われることがあるが、そのような技術レベルであればUSB 3.0以降の通信技術は実用化していないであろう。

参考
  • 16ビット/44.1kHz/ステレオ = 2バイト * 44,100Hz * 2ch(ステレオ) = 176,400byte/秒(約0.2MB/秒)
  • 24ビット/96.0kHz/ステレオ = 3バイト * 96,000Hz * 2ch(ステレオ) = 576,000byte/秒(約0.6MB/秒)
  • 32ビット/384.0kHz/ステレオ = 4バイト * 384,000Hz * 2ch(ステレオ) = 3,072,000byte/秒(約3.1MB/秒)

特徴[編集]

USBスピーカーはDACを内蔵したスピーカーであり、PCDACまではノイズに強いデジタル信号伝送され、さらにDACスピーカーまでのアナログ信号である期間が極めて短く、ノイズが乗る暇もないという特徴がある。かつて主流であったPC内蔵するタイプのアナログ出力全盛期のサウンドカードとは異なり、PCケース内のような強烈なノイズ発生源から距離を離してDACを設置することが容易にできるという利点があった。

つまりUSBスピーカーはその構想上、音質は極めて良くできる。

なお、「良くできる」のであって何でもかんでも良い訳ではなく、初期の頃のUSBスピーカーはキワモノグッズであったため、ショボいDACに、ショボいスピーカー、おもしろデザインというのがほとんどであったため、USBスピーカーは低品質の安物というイメージが根強く残っているというのが実情である。

よって基本的によくわかっていないオーオタはUSBスピーカーを問答無用で否定することが多い。

関連項目[編集]

参考文献[編集]