vi

提供: MonoBook
移動: 案内検索

vi(読み:び)とは、BSD発祥のテキストエディタである。

概要[編集]

viはBSDPascalコンパイラに密かに同梱されていた秘密のテキストエディタである。

名称はVisual Editorの「」であり、ラインエディタ全盛の世の中に颯爽と登場したビジュアルで操作ができる画期的なテキストエディタであった。Visualと冠していてもVisual Studioとは特に関係はない。

viの開発者であるビル・ジョイは後にサン・マイクロシステムを創業し、viで多くのプログラマーの心を鷲掴みにしたおかげで同社のワークステーションサーバーが売れに売れまくった。なお、同社のコンピューターに同梱されるSun Type 5 キーボードはあまりにもデカすぎたので、日本でサン製品の互換機を作っている富士通Happy Hacking Keyboardというあまりに小さすぎるvi特化型のキーボードを作っている。

Linux界隈ではviを魔改造したvimが圧倒的な勢力をもっているが、BSD界隈ではnviが強い。 なお、*BSDの中でも圧倒的な勢力を誇る邪悪なBSDではvimプリインストールされており標準となっている。

基本[編集]

カーソルの移動[編集]

ビル・ジョイ開発に使っていた「Lear Siegler ADM3A」というコンピューターには十字キーが付いていなかったという理由で、基本的にカーソルの移動はコマンドモードにて「h」「j」「k」「l」キーで行うようになっている。なお近代的なvi実装ではカーソルキーも使えるのが一般的となっており、十字キーを使うことでインサートモードでもカーソル移動が行えたりする。

コマンド 概要
h カーソルを←に1文字移動する。
j カーソルを↓に1文字移動する。
k カーソルを↑に1文字移動する。
l カーソルを→に1文字移動する。

コマンドモードとインサートモード[編集]

viを起動するとまずコマンドモードとなる。 この状態で特定のコマンドを入力することで編集や保存、終了、検索といったことができる。

インサートモードへの移行[編集]

コマンドモードで以下のコマンドを入力するとインサートモードへ移行する。複数の種類があるがテキストの入力開始位置の違いなので超基本としては「i」だけを覚えておけば間違いない。インサートモード移行後は近代的なテキストエディタと同様にテキストを入力すればよい。

コマンド 概要
i カーソル位置に挿入開始
a カーソル位置の次に挿入開始
I 行頭に挿入開始
A 行末に挿入開始

インサートモードの抜け方[編集]

インサートモードを終了しコマンドモードへ移行するには以下の特殊キーを入力する。

特殊キー 概要
[Esc] インサートモードを終了し、コマンドモードへ移行する。

保存と終了[編集]

コマンド 概要
 :q 終了
 :q! 強制終了
 :w 保存
 :w! 強制保存
 :wq 保存して終了
 :wq! 強制保存して終了

関連項目[編集]

参考文献[編集]