Webフォント

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Webフォント英語:web fonts)とは、Webページの表示に際して画像CSSなどと同様にダウンロードして利用するフォントのことである。

概要[編集]

Webフォントは1997年9月30日に公開されたInternet Explorer 4に搭載されたマイクロソフトの独自機能である。 フォントは比較的巨大なファイルであり、IE4に搭載されたWebフォントは比較的高速な回線が期待できるイントラネット向けであった。

時は流れ世界的な通信網の高速化によりインターネット上でも実用的な速度を実現できるようになり、Firefox 3.5、Opera 10、Safari 3.1も追従した。 これにより独自機能だったものがデファクトスタンダードを確立したことで、当然のように標準化が求められるようになり、登場から約15年の時を経てCSS3の一部として採択され現在に至っている。

互換性[編集]

CSSでのWebフォントの指定方法は基本的にブラウザ間で違いはないが、Webフォントのファイル形式はブラウザによりまったく異なる。

  • woffファイル - 最近のブラウザ
  • eotファイル - 古いIE
  • ttfファイル - Safari、Androidのブラウザ、最近のiOS
  • svgファイル - 初期のiOS

関連項目[編集]

参考文献[編集]