WinChip

提供: MonoBook
移動: 案内検索

WinChip(読み:ういんちっぷ)とは、米国Integrated Device Technology, Inc.の子会社であったCentaur Technologyが製造および販売していたx86互換のCPUである。

概要[編集]

WinChipは外部とのインターフェースPentiumと同じSocket 7を採用した、Cyrix6x86MediaGXAMDK5K6などと同様にSocket7互換CPUと位置づけられる。

同分野で先行したCyrixAMDSuper 7と呼ばれるPentium 2を対抗製品を主力とした高性能路線を突き進んだのとは対照的に、WinChipは限界までの低価格だけを追求していた。そのためSocket 7を採用した製品だが80486と競合する製品とみなされることが多い。

関連項目[編集]

参考文献[編集]