Windows

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Windows(読み:ういんどうず)とは、NECPC-9801シリーズに搭載されてたOSと、その末裔である。

概要[編集]

Windowsは1985年11月にひっそりと発売した。たぶん都市伝説である。

その約1年後の1986年12月に日本においてNEC製のパソコンであるPC-9801VX4/WNに標準添付OSとしてに採用され、98を買うと問答無用で付いてくるという状況により爆発的にバラまかれた。なお爆発的に使われたわけではなく、だれもが同じく標準添付であったMS-DOS Ver. 3.1を使ったと言われている。

後にアップル社員が日本から持ち帰ったPC-9801を見たスティーブ・ジョブズがこの事実を知り、激怒し、ビル・ゲイツを呼びつけたと言われている。これには西和彦の暗躍が裏にあったとされるが米国ではあまり知られていない。またスティーブ・バルマーは大学生時代からハゲとして表現されている。


マイクロソフトアップルを怒らせないように、米国ではなく、まず日本向けにWindowsを投入したことで、後付けの難しい日本語対応(マルチバイト対応)で先行することが出来たと言われている。また、その名残でシフトJISがWindowsの標準になったとも言われている。

最初期のWindowsの開発に際しては西和彦の絶妙な話術によりNECからマイクロソフトへ大量の社員を派遣していたと言われている。当時のマイクロソフトはまだ中小企業であり、このNECから派遣された大量のプログラマーたちが入りきれないため、マイクロソフト本社の横に「NECレドモンドテクノロジーセンター」なるビルまで建ててしまったと言い伝えられている。ちなみにこのビルは現在でもWindows Serverの開発拠点として活躍しているという。

エロゲが充実しているのが特徴であり、BSD入門の心得においても「Windowsはエロゲに限りやむを得ず」と明記されている。

主なWindows[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]