XPCOM

提供: MonoBook
移動: 案内検索

XPCOM (Cross Platform Component Object Model) は、Mozillaプロジェクトにおいて開発されているクロスプラットフォームコンポーネントオブジェクトモデルである。

概要[編集]

C++で実装されており、そこそこの精度のC++コンパイラーがある環境であればほぼ動く。 LinuxWindowsMac OS Xという主要なプラットフォーム上で動作する。

複数の言語バインディングが提供されており、C++の他に、JavaScriptJavaPythonなどの実装が存在する。XPCOMのインタフェースには、XPIDLと呼ばれるインタフェース記述言語 (IDL) が用いられている。

XPCOMにはコアとなるコンポーネントとクラス群が一緒に提供されている。例えば、ファイルメモリの管理、文字列配列などの基本的なデータ構造などがこれに含まれる。しかし、ほとんどのXPCOMコンポーネントは、コア以外の部分で提供されている。たとえば、Geckoレンダリングエンジンなどがこれにあたる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

テンプレート:Mozilla プロジェクト