XPS (XNA Posing Studio)

提供: MonoBook
移動: 案内検索

XPS (XNA Posing Studio)とは、3Dモデルに様々なポーズをとらせるソフト「XNALara」の後続ソフトである。なお、起動時のロゴは「XNALara Posing Studio」となっている。

概要[編集]

XPSは大雑把に言えばXNALaraにヌード機能などを付けたものである。

XNALaraは欧米ではジョークソフトとして人気があったが、日本では類似ソフトのMikuMikuDanceが圧倒的に強かったこともありあまり人気がなかった。だがその後続ソフトであるこのXPSにヌード機能が搭載されたことにより話題を呼び日本においても爆発的に普及し広く受け入れられた。日本人の性欲は異常

その他にも3DCGソフトで中間ファイルフォーマットとして広く使用されている3DCGソフトMaya形式(objファイル)」の書き出し機能などの追加や、最終的なレンダリングをより高性能な外部ソフトウェアを用いることで高画質な書き出しも可能となっている。

ソースコードについて[編集]

XNALaraSourceForge上で広くオープンソースの下で開発が行われていたが、XPSはヌード機能などの猥褻な面が強く、特定ゲームの熱狂的なファンなどの宗教的な問題などにより攻撃してくる者が絶えないため、開発プロジェクトに承認を得て参加した者のみにソースコードが公開されるとしている。

動作環境[編集]

XNA Posing Studioの名称からもわかるようにXNA Frameworkを用いて作成されており、その動作にはXNA Framework 3.0以上を事前にインストールしておく必要がある。

なお、XNA Frameworkの互換フレームワークであるMonoGameで動作するかは不明である。MacLinuxを使っている人は試して欲しい。

主なモデル配布所[編集]

XNALara/XPSで使用するモデルデータは以下からダウンロードできる。

モデルデータの配布に際してはzipファイル7zファイルとして圧縮されていることが一般的である。ダウンロードし終わったら解凍すること。圧縮ファイルのままではXPSは認識できない。

ダウンロードおよび解凍したモデルデータは「XPSが起動していない状態」で、XPSフォルダ内にある「dataフォルダ」にフォルダごと移動(またはコピー)する。

その後、XPSを起動し、メインメニューの「File」から「Add model(s)...」を選択すると、配置できるモデルデータの一覧が表示され、その中に上記で追加したモデルデータが追加されている。

使い方[編集]

3Dウインドウの白い点をクリックして、コントロールウインドウの「X axis」「Y axis」「Z axis」「Height」を動かすとその部分が動く。


基本操作[編集]

カメラ[編集]

左ドラッグ カメラ回転
Shiftキー + 左ドラッグ カメラ上下左右移動
左右同時ドラッグ カメラ上下左右移動
右ドラッグ カメラ拡大縮小
Shiftキー + 右ドラッグ カメラ前後移動
Altキー + 左クリック クリックした場所にカメラ位置移動

ボーン[編集]

左クリック ボーン選択
Ctrlキー + Lキー 3Dウインドウのボーン選択の有効無効を切り替え
Qキー + 左ドラッグ 選択中のボーンをX軸方向に回転させる
Wキー + 左ドラッグ 選択中のボーンをY軸方向に回転させる
Eキー + 左ドラッグ 選択中のボーンをZ軸方向に回転させる
Shiftキー + Qキー + 左ドラッグ 選択中のボーンをX軸方向に移動させる
Shiftキー + Wキー + 左ドラッグ 選択中のボーンをY軸方向に移動させる
Shiftキー + Eキー + 左ドラッグ 選択中のボーンをZ軸方向に移動させる
Sキー + 左ドラッグ 選択中のボーンを全軸方向に移動する(全体的に拡大縮小)
テンキー0 選択中のボーンをリセットする

モデル[編集]

Ctrlキー + 左クリック(または左ドラッグ) モデルを地面と水平に動かす
Shiftキー + 十字キー モデルを地面と水平に動かす(微調整用)
Shiftキー + Altキー + 十字キー モデルを地面と垂直に動かす

その他[編集]

F2キー カメラ位置をクイック保存
F3キー カメラ位置をクイック読込
F5キー 画像をクイック保存
F8キー 選択中のモデルのテクスチャマッピングを再読込
F9キー ポーズをクイック保存
テンキーではない数字の1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 0 set predefined camera target (look-at)
Ctrlキー + Zキー アンドゥ
テンキー5 アンドゥ
Aキー アクセサリメニュー表示

アクセサリを消す[編集]

モデルなどによってはサングラスなどのアクセサリを装着していることがある。

これらはキーボードの「Aキー」を押して表示されるアクセサリ一覧から表示・非表示を選択できる。

なお、アクセサリ一覧は発見しづらい位置に表示されることもある。とくに液晶ディスプレイが大きい場合は気をつけよう。

パーツを消す[編集]

アクセサリ以外のパーツの表示・非表示を切り替えるには以下の手順を用いる。

  1. メインメニュー「Options」→「Make item optional」をクリックする。
  2. パーツ一覧のダイアログが表示されるので消したいパーツを選ぶ(複数選択可)。
  3. OKを押した後で「Display optional items default?」と聞いてくるので、 消したかったら「いいえ」を選ぶ。

モデルを回転させる[編集]

以下、コントロールウインドウでの操作になります。

  1. ツリービューから「root」→「root ground」を選択する。
  2. 右下にあるモード切替ボタンを数回押して「Mode: Rotate」を選ぶ。
  3. スライダー「Y Axis」を動かしてみる。XやZも動かしてみると面白い。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]