Xamarin.Mac

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Xamarin.Mac(読み:ざまりん・まっく)とは、MonoMacの商用ライセンス版である。

概要[編集]

Macのアプリが作れる凄いやつ。 Xcodeより使い勝手がよい。

MonoMacとの差異[編集]

  • ランタイムの同梱が可能
    Monoの商用ライセンスが含まれるため。動作時にMonoランタイムのインストールが不要。
  • UnifiedAPIサポート
    Xamarin.iOS とコード共有を可能にするほか,OSの64ビットAPIをコール可能に。

Classic API と Unified API[編集]

基本的にはClassic APIは32ビット、Unified APIは64ビットと覚えておけば間違いない。 Xamarin.iOSではアップルの思し召しにより2015年2月よりUnified API (64ビット) が強制となっている。 Xamarin.Macについてはバージョンアップを嫌うIT土方の特性からかClassic APIも残されている。

動作するコード[編集]

Xamarin.iOS とは異なり,JITコンパイラが動作するため特に制限のある機能はない。 すなわちGenerics, LINQ, Reflection.Emit といった機能をフルに使用しても影響はない。

ライセンス[編集]

マイクロソフトによるザマリンの買収に伴い、Xamarin.Macのすべてがオープンソースになり、またバイナリも無料配布されすべての機能が使えるようになった。

インストール[編集]

Xamarin.Mac/インストール」を参照。

使い方[編集]

Category:Xamarin.Mac」を参照。

関連項目[編集]

参考文献[編集]