Xamarin.Mac/Classic APIプロジェクトでXamMac.dllが行方不明

提供: MonoBook
移動: 案内検索

2015年4月16日時点で、Xamarin Studio 5.7および6.0 (beta) にてXamarin.MacのClassic APIプロジェクトが正常に新規作成できないことを確認した。

概要[編集]

Xamarin StudioXamarin.MacのClassic APIプロジェクトを新規作成すると、自動生成されたプロジェクトに含まれる「参照」の中の「XamMac」のアセンブリが見つからない状態となっており正常にビルドを完了できない。

なお、Unified APIプロジェクトおよびMonoMacプロジェクトは問題なく新規作成できるようである。ただ、Unified APIプロジェクトではライブラリにPCLしか使えないなどWinRT級に制限が強い。また、MonoMacはCocoa部分のAPIが絶望的に古いという問題を抱えている。これらの理由により、そこいらのIT土方だとその中間となるClassic APIが使えないと憤死すること受け合いである。

解決策[編集]

手順1[編集]

Xamarin Studioを閉じる、まはたXamarin Studioのソリューションエクスプローラーでプロジェクトをアンロードする。

手順2[編集]

対象となるClassic APIプロジェクトのcsprojファイル(中身はXMLファイル)をテキストエディタで開く。 FinderからXamarin Studioへドラッグアンドドロップでもよい。

手順3[編集]

下記ようになっている部分を探し、

   <Reference Include="XamMac" />

以下のように書き直すと動くようになる。

   <Reference Include="XamMac">
     <HintPath>/Library/Frameworks/Xamarin.Mac.framework/Versions/Current/lib/mono/XamMac.dll</HintPath>
   </Reference>

手順4[編集]

プロジェクトを開く。

関連項目[編集]

参考文献[編集]