Xamarin.Mac/NSTokenFieldクラス

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

NSTokenFieldクラスとは、テキストを視覚的に異なるトークンに変換するNSTextFieldの派生クラスである。

概要[編集 | ソースを編集]

NSTokenFieldクラスは、いわゆる「検索タグ」の入力欄を簡単に搭載できるという代物である。文字列の入力中に半角カンマを入力するごとに配列に分割される。 分割された文字列はObjectValueメソッド(戻り値NSArray)で取得できる。 基本的にはNSTextFieldと同じようだ。

    public partial class ViewController : NSViewController
    {
        public override void ViewDidLoad()
        {
            base.ViewDidLoad();

            // NSTokenFieldはStoryboardで貼り付けてある前提。
            _tokenField.DoCommandBySelector = (control, textView, commandSelector) => 
            {
                if (commandSelector.Name == "insertNewline:")
                { // ここにエンターキーが押された時

                    // NSTextFieldと同じくStringValueで1つの文字列として取得できる
                    Console.WriteLine($"str: {_tokenField.StringValue}");

                    // NSTokenFieldではObjectValueで分割された文字列も取得できる
                    var tokenArray = _tokenField.ObjectValue as NSArray;
                    for (nuint i = 0; i < tokenArray.Count; i++)
                    {
                        Console.WriteLine("  {0} = {1}", i, tokenArray.GetItem<NSString>(i));
                    }

                    return true;
                }

                // イベントをキャンセルする
                return false;
            };
        }
    }

実行するとこんな感じ。

NSTokenField.png

関連項目[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]