Xen Orchestra

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Xen Orchestraとは、XenおよびXenServerの管理ツールのひとつである。 サードパーティ製で無料版と有料版がある。 Webアプリとなっているのが特徴。

概要[編集]

まず結論から言うとXen Orchestraの無料版はXenの基本機能で最重要となる仮想マシンのインポートとエクスポートが使えない[1]。つまり実践ではまったく使い物にならない。はっきり言ってWindowsプリインストールされたノートパソコンを買ってきて純正のXenCenterをぶち込んだほうが早いし安いし確実である。基本的に「社内にはMacLinuxしかない」など宗教上の理由でWindowsが使えない人向けだと思われる。

以上のようにXen Orchestraをまともに使おうと思った場合には月額数千円程度の料金がかかる。しかしながらXenCenterは無料であるがプロプライエタリソフトウェアであるのに対してXen Orchestraはオープンソースであり、それを維持発展させるためのプロジェクトへの寄付の意味合いで将来を買う意味でも中小企業は躊躇せず買うべきである。

関連項目[編集]

参考文献[編集]