Zip (磁気ディスク)

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Zip(読み:じっぷ)とは、1994年後半に米国のアイオメガ社によって開発された磁気ディスクおよびドライブである。

概要[編集]

Zipはかつて米国で大人気だった記録メディアである。 日本では富士フイルムから発売していた。

Zipの保存容量は100MB、250MB、750MBの3種類のディスクがあった。 750MBのディスクについては末期に登場したものであるためあまり見かけることがない。

日本で普及していたMOがディスクをレーザー光で暖めたり冷やしたりしてデータを記録する光磁気ディスクなのに対して、米国で普及していたZipはフロッピーディスクと同じ純粋な磁気ディスクであった。このような構造上の理由によりMOよりも高速なアクセスが可能であった。

関連項目[編集]

リムーバブルハードディスク
メモリカード、フラッシュメモリ

参考文献[編集]