スーパーシステムカード

提供: MonoBook
2018年11月27日 (火) 06:49時点における180.15.192.154 (トーク)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

スーパーシステムカード (PI-SC1)とは、1991年10月に発売したPCエンジンの周辺機器である。

メーカー希望小売価格 9,800円。

こいつをぶっ刺すだけで旧型CD-ROM²システムSUPER CD-ROM²システムPCエンジンDuoと同等の能力にできるスグレモノ。

中身の大部分は「2MbitのSRAM」、つまり自作PCなどでもよくある増設メモリである。DRAMではなくSRAMなあたりがバブルだね。2018年でも2Mbitで980円くらいしているSRAMをなんと1991年に9800円で販売する太っ腹ぶり。

従来のシステムカードで動くゲームも動く。ただしシステムカードとスーパーシステムカードでは内蔵フォントが微妙に変更されているので画面の文字が少し変化する。どうでもいいな。

関連項目[編集 | ソースを編集]