メインメニューを開く

ワールド座標変換

2020年1月24日 (金) 02:03時点におけるAdministrator (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

ワールド座標変換とは、3Dモデルなどをワールド座標に配置することをいう。

概要編集

3Dモデルの持つ各頂点の座標はローカル座標と呼ばれる。 いわゆる3DCADなどで作図したときの座標である。 これをゲームのシーンなどの「ワールド」に配置する処理をいう。

処理編集

ワールド座標変換で行われる操作は基本的には「拡縮」「回転」「移動」の3つの変換行列である。

上記の順番で行列の乗算を行うとワールドマトリックスが得られる。

float4x4 world = scale * rotation * transform;

この操作は「順序」が重要で、処理の順序を変えると残念な結果になる。以下はダメな例である。算数の教科書にはこの処理を指して「TRS」などと書かれているため逆順だと勘違いすることが多い。

float4x4 world = transform * rotation * scale;

関連項目編集