メインメニューを開く

MonoBook β

1Gbps

1Gbps(読み:いちぎがびーぴーえす)とは、データ通信の速度が1秒間に1ギガビットであるという意味である。

概要編集

1ギガビット/秒 = 128メガバイト/秒

2014年2月現在ではHDD1本くらいの速度である。よってiSCSINASなどのために巨大なRAIDを組んで高速化を目論んでも1Gbpsなイーサネットボトルネックとなるので無駄である。そのような用途では10Gbps製品の導入を検討しよう。

1Gbpsが出てくる場面編集

1Gbpsという言葉が登場するのは主にネットワーク通信速度である。家庭用では無線LANが普及したためあまり聞かなくなったが、事務所などではセキュリティを考慮するという理由で今なお無線LANではなく有線LANが主流である。ただし何も考えずイーサネットハブLANケーブルを挿せばLANに入れてしまうザルなセキュリティになっていることも少なくない。

なお、伝送距離が短距離で済む分野では、より高速なUSBThunderboltFiberChannelなどが主流となっている。

関連項目編集

参考文献編集