「AliExpress」の版間の差分

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動
(ページの作成:「'''AliExpress'''(ありえくすぷれす)とは、 アリババが運営するオンライン小売サービスである。アリババは中国企業であ…」)
 
(相違点なし)

2019年11月9日 (土) 17:07時点における最新版

AliExpress(ありえくすぷれす)とは、 アリババが運営するオンライン小売サービスである。アリババは中国企業であるがソフトバンク持分法適用会社であるため日本企業であるとも言えなくもない。

概要[編集 | ソースを編集]

AliExpressは2010年にB2Bに特化した通販サイトとしてオープンした。Amazonとは異なり直販は一切行っておらず、出品者と購入者を結びつけることに特化している。楽天やYahoo!ショッピングみたいなもんだな。

AliExpressには主に中国の中小規模の工場が出店している。発注後に受注生産を行うというスタイルが主流であり、ほとんどの製品の発注は1個単位ではなくロット単位となっている点に注意する必要がある。受注生産かつ海外からの輸送であるため納期が2ヶ月、3ヶ月は当たり前な点にも注意しよう。

ちなみにAliExpressは中国本土からは購入できず、出品のみとなっている。Alibabaによると中国人の間の取引は別のサービス「Taobao」を用意しているのでそちらを使えということらしい。

大きさに注意[編集 | ソースを編集]

マウスが1個50円くらいなのでみんなに配ろうと発注したが、1ヶ月待っても一向に届かず詐欺にあったかと思ったら、3ヶ月後に想像を絶する巨大なダンボールが何個も届いた。どうするんだこれ。なんてこともザラにある。

関税にも注意[編集 | ソースを編集]

また、税関で止められて関税の支払いを求められることもあるので注意しよう。 関税は「10%くらい別途徴収される前提」で計算に入れておこう。

ちなみに中国の税関で止められた場合は、税関と直接やりとりするのではなく、出品者(工場側)に解決をお願いするのがベストである。

関連項目[編集 | ソースを編集]