メインメニューを開く

MonoBook β

apkpure.com

apkpure.comとは、Google Playにおいて「お住まいの国でご利用いただけません」「お使いの端末でご利用できません」などと弾かれるアプリを強引にダウンロードするサイトである。古いバージョンのダウンロードもできる。

概要編集

apkpureはいわゆる「おま国」規制を回避し、馬鹿でも簡単にapkファイルダウンロードできるサイトである。 対象は無料アプリのみであり、有料アプリはダウンロードできない。

おま国の場合はインストールしてもそもそも該当国ではサービスが行われていない場合も多い。

一方で非対応端末の場合は「Androidは端末の種類が多すぎ、マイナー機種はサポートが面倒なので対象外」となっている場合も多く、とくにSIMフリー端末は問答無用で非対応端末となっている場合が多々見受けられる。このような端末ではapkpureが必須となる。当然ながら非対応端末ではインストールは出来ても動かないことも多いが試してみる価値はある。

また、常に最新バージョンしかダウンロードできないGoogle Playと異なり、apkpureでは古いバージョンのダウンロードもできるようになっている。このためバージョンアップして動かなくなった残念なアプリを救済する目的でも非常に有用である。

使い方編集

専用アプリ編集

Google Play風に利用できるapkpureアプリが配布されている。 個人で使う場合はこれが便利である。

専用サイト編集

apkpureのトップページに鎮座する検索窓のような部分にGoogle PlayURLを貼り付けるだけである。 主に他人にapkpure経由のダウンロードURLを教える場合などに使用する。

例:ポケモンGo

ダウンロードしたapkファイルES ファイルエクスプローラーなどで開くことでインストールが開始される。 なお、一般的なAndroidではGoogle Play以外からのインストール野良apk扱いなのでAndroidセキュリティ周りの設定を緩和する必要がある点に注意しよう。

アップロード編集

アプリの開発者は自らのアプリをapkpureに申請することができる。 apkpureにはapkの更新履歴が残る関係でGoogle Playバックアップとして使うことができ、主にGoogle Playに致命的にバグったバージョンをアップロードしてしまい、かつ手元に古いapkファイルが見当たらない残念な状況で有用である。バックアップは重要である。

安全性・危険性編集

数個のアプリをapkepureとGoogle Playそれぞれから落とし、apkをバイナリ比較してみたが異常は検出されなかった。 ただし、数個しか検証していないので万が一はあるかもしれない。

それよりも以下のような手法の方が危険である。これはGoogle Playでは結構な頻度でマルウェアアプリを一時的に公開できてしまう問題を悪用した手法である。

  • Google Playでウイルスアプリが公開される(結構ザルな模様、被害が出てから消される事が多い)
  • apkpureにウイルスアプリが転載される
  • Google Playから削除
  • 「エロアプリやエミュが消された」「apkpureから落とせ」などと宣伝して釣る

気をつけよう。

関連項目編集

外部リンク編集

参考文献編集