「DockPort」の版間の差分

提供: MonoBook
移動先: 案内検索
(ページの作成:「'''DockPort'''(読み:どっくぽーと)とは、VESAが策定するDisplayPortの公式拡張規格で、映像信号専用であったDisplayPort...」)
(相違点なし)

2014年1月15日 (水) 04:27時点における版

DockPort(読み:どっくぽーと)とは、VESAが策定するDisplayPortの公式拡張規格で、映像信号専用であったDisplayPortに、USB互換のデータ通信と電源供給を搭載したものである。 [1] [2]

概要

DockPortは、DisplayPortインターフェースを利用して、USB互換のデータ通信と電源供給を搭載したものである。

DockPortはもともとAMDによって開発されていた開発コード「Lightning bolt」の名前で知られていたものである。2013年11月にAMDが開催したイベント「APU開発者会議」のなかで、その技術と権利をVESAに譲渡し標準規格化を行い、「DockPort」という名称にするとが発表された。

似たような規格としては、インテルアップルDisplayPortを非公式に拡張し、PCI Express互換のデータ通信を搭載したThunderboltが有名である。

利点

2014年1月時点でのUSBは電源供給がとても強力(USB PD、最大100W)であり、たとえば電源USBハブを兼ね備えた液晶ディスプレイにDockPortケーブル1本を接続するだけで、ディスプレイ出力も、データ転送も、電源供給もまとめて利用できる優れものである。

DockPortは、VESAおよびUSBの掟に従いロイヤリティフリーである。製品開発に際してライセンス契約などを個別に行う必要がなく、誰もが自由にDockPort関連製品の開発を行える。ロイヤリティフリーというUSBの掟は、USBIEEE1394を圧倒した最大の理由であると言われている。

また、DisplayPort下位互換であるため、DockPortディスプレイなどで映像出力だけであれば既存のDisplayPortでも利用できる。

欠点

DockPortのデータ通信プロトコルはUSB 3.0であり、したがってデータ転送速度はUSB 3.0と同じである。Thunderboltと比べると約半分程度と遅いという欠点がある。

なお、映像信号はDisplayPort互換部分で送受信されるためこの制限を受けない。現状のUSB 3.0でもHDDSSDくらいしか拡張された通信速度の恩恵を受けておらず、あまり大きな問題になりそうにはない。

関連項目

参考文献