「GLSL」の版間の差分

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
26行目: 26行目:
  
 
==関連項目==
 
==関連項目==
 +
*[[GLSLのversionディレクティブ一覧]]
  
*[[GLSLのversionディレクティブ一覧]]
+
[[category: 3DCG]]
 +
[[category: シェーディング言語]]

2020年5月19日 (火) 02:08時点における最新版

GLSL(語源:OpenGL Shading Language)とは、主にOpenGLで使われるシェーディング言語である。

互換性[編集 | ソースを編集]

GLSLには複数のバージョンが存在し、それらはそもそもの構文からして違うため互換性がない。一般的なプログラマーはコンパイルエラーで悩まされることになる。

このようなグダグダな状況はSteamで有名なValveの中の人により「今週のGLSLバージョン地獄( GLSL version of the week hell)」と命名された。

備考[編集 | ソースを編集]

当初、VulkanでもGLSLを採用していたが、あまりにGLSLがクソすぎるためかGoogleVulkanHLSLを使えるようにした。Vulkanは実質的にAndroidでしか使われていないのでGoogleの方針がすべてになるであろう。

前述の互換性問題などを考慮すると、人間が手で書くものではなく、以下のような使い方の方が現実的である。

逆コンパイラVulkanの中の人が開発してくれている。

関連項目[編集 | ソースを編集]