「MacでDirectX Shader Compilerをビルドする」の版間の差分

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
38行目: 38行目:
 
== 関連項目 ==
 
== 関連項目 ==
 
* [[DirectX Shader Compiler]]
 
* [[DirectX Shader Compiler]]
 
+
* [[MacにMoltenVKを入れてVulkanを使ってみる]]
 
[[category: 3DCG]]
 
[[category: 3DCG]]
 
[[category: シェーディング言語]]
 
[[category: シェーディング言語]]
 
[[category: HLSL]]
 
[[category: HLSL]]
 
[[category: SPIR-V]]
 
[[category: SPIR-V]]

2020年5月19日 (火) 03:56時点における最新版

DirectX Shader CompilerMacLinuxでも使えるとのことなので試してみる。

ビルドしてみる[編集 | ソースを編集]

DirectX Shader Compilerのビルドに必要なものをbrewで入れる。

 $ brew install python3 cmake ninja

DirectX Shader Compilerソースコードを落としてくる。

 $ git clone --recursive https://github.com/microsoft/DirectXShaderCompiler.git

cmakeでビルド準備。

 $ cd DirectXShaderCompiler
 $ mkdir build
 $ cd build
 $ cmake .. $(cat ../utils/cmake-predefined-config-params) -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release -DSPIRV_BUILD_TESTS=ON -GNinja

ninjaでビルド実行。 メッチャ時間がかかる。

 $ ninja

おしまい

動かしてみる[編集 | ソースを編集]

ビルドが正常に完了すればbinディレクトリにdxc実行ファイルが出来上がっているはず。

$ cd bin

とりあえずusageを出してみる。

$ ./dxc -help

こいつ動くぞ。

関連項目[編集 | ソースを編集]