「MacにMoltenVKを入れてVulkanを使ってみる」の版間の差分

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動
imported>Administrator
 
1行目: 1行目:
 +
 +
 
==環境構築==
 
==環境構築==
 
homebrewでcmakeとpython3を入れる。
 
homebrewでcmakeとpython3を入れる。
10行目: 12行目:
 
  git clone https://github.com/KhronosGroup/MoltenVK.git
 
  git clone https://github.com/KhronosGroup/MoltenVK.git
  
MoltenVKが利用している外部ライブラリを取得する。MoltenVKの[[ソースコード]]の中に全自動で取得からビルドまでやってくれるスクリプトが用意されているのでそれを叩くだけ。この中にはVulkan SDKなど([[SPIR-V]]の[[コンパイラ]]など)も含まれている。
+
[[MoltenVK]]が利用している外部[[ライブラリ]]を取得する。[[MoltenVK]]の[[ソースコード]]の中に全自動で取得から[[ビルド]]までやってくれる[[スクリプト]]が用意されているのでそれを叩くだけだ。この中には[[Vulkan SDK]]など([[SPIR-V]]の[[コンパイラ]]など)も含まれている。
 
  cd MoltenVK
 
  cd MoltenVK
 
  ./fetchDependencies
 
  ./fetchDependencies

2019年11月7日 (木) 01:27時点における最新版


環境構築[編集 | ソースを編集]

homebrewでcmakeとpython3を入れる。

brew install cmake
brew install python3

同じようにninjaを入れるとビルドが速くなる。これは入れなくてもいいが入れといた方がいい。

brew install ninja

MoltenVKのソースコードgithubから取得する。

git clone https://github.com/KhronosGroup/MoltenVK.git

MoltenVKが利用している外部ライブラリを取得する。MoltenVKソースコードの中に全自動で取得からビルドまでやってくれるスクリプトが用意されているのでそれを叩くだけだ。この中にはVulkan SDKなど(SPIR-Vコンパイラなど)も含まれている。

cd MoltenVK
./fetchDependencies

MoltenVKをビルドする。

xcodebuild -quiet -project MoltenVKPackaging.xcodeproj -scheme "MoltenVK Package" build

以下のディレクトリにライブラリが出来上がる。静的ライブラリもあるのでXamarin.Macなんかでのバインディングも簡単に作れそう。

Package/Release/MoltenVK/

サンプルを動かしてみる[編集 | ソースを編集]

「Demos」ディレクトリにサンプルプログラムがあるのでxcodeで開いて実行してみよう。

Hologram[編集 | ソースを編集]

大量のユタティーポットが飛び回るデモプログラムとなっている。

このデモではフレームレート(デバッグウインドウに出力されている)を計測できる。

ベンチマーク
機種 フレームレート
iMac 5K (2017、一番安い構成)

Intel Core i5 3.4GHz

Radeon Pro 570

60
MacBook Pro 13インチ (Early 2015、当時最強構成)

Intel Core i7 3.1GHz

Intel Iris Graphics 6100

39

インテル内蔵GPUはやっぱりクソだった。

関連項目[編集 | ソースを編集]