「NekoVM」の版間の差分

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動
(ページの作成:「NekoおよびNekoVMとは、フランスのゲーム会社であるMotion Twinがオープンソースのもとで開発しているAction Script 3の後続言語と、…」)
 
 
1行目: 1行目:
NekoおよびNekoVMとは、フランスのゲーム会社であるMotion Twinがオープンソースのもとで開発しているAction Script 3の後続言語と、それを動かすための仮想マシンである。
+
'''Neko'''および'''NekoVM'''とは、フランスのゲーム会社である[[Motion Twin]]が[[オープンソース]]のもとで開発している[[Action Script 3]]の後続言語と、それを動かすための[[仮想マシン]]である。
  
== 概要 ==
+
==概要==
Nekoは、Adobe Flashが衰退したことをうけ「もうアドビは拡張しないだろうし勝手に拡張しても問題ないだろう」と、[[Java]]や[[C#]]なみに拡張・汎用化したものである。
+
Nekoは、[[Adobe Flash]]が衰退したことをうけ「もう[[アドビ]]は拡張しないだろうし勝手に拡張しても問題ないだろう」と[[Java]]や[[C#]]なみに拡張および汎用化を施したものである。
  
NekoVMは、それを駆動するための独自開発の仮想マシンである。
+
拡張は同社がゲーム会社ということもあり、[[Adobe AIR]]のように[[リッチクライアント]]に重点を置いている。
 +
 
 +
さらに[[node.js]]と同じようなノリで[[サーバーサイド]]でも利用できる。最近のゲームはオンライン機能が当たり前のようにあるが「その両方を同じ言語で記述できて嬉しい」というものらしい。
 +
 
 +
NekoVMは、それを駆動するための独自開発の[[仮想マシン]]([[インタプリタ]])である。
  
 
「Neko」は日本語の「猫」を意味し、アイコンは「虎」となっている。
 
「Neko」は日本語の「猫」を意味し、アイコンは「虎」となっている。
10行目: 14行目:
 
主に同社のゲーム開発で使用されているらしい。2018年から2019年にかけて同社の「[[Dead Cells]]」は空前の大ヒットとなった。
 
主に同社のゲーム開発で使用されているらしい。2018年から2019年にかけて同社の「[[Dead Cells]]」は空前の大ヒットとなった。
  
== 関連項目 ==
+
==関連項目==
  
* [[Motion Twin]]
+
*[[Motion Twin]]
* [[Dead Cells]]
+
*[[Dead Cells]]
  
 
<br />
 
<br />

2019年10月10日 (木) 09:39時点における最新版

NekoおよびNekoVMとは、フランスのゲーム会社であるMotion Twinオープンソースのもとで開発しているAction Script 3の後続言語と、それを動かすための仮想マシンである。

概要[編集 | ソースを編集]

Nekoは、Adobe Flashが衰退したことをうけ「もうアドビは拡張しないだろうし勝手に拡張しても問題ないだろう」とJavaC#なみに拡張および汎用化を施したものである。

拡張は同社がゲーム会社ということもあり、Adobe AIRのようにリッチクライアントに重点を置いている。

さらにnode.jsと同じようなノリでサーバーサイドでも利用できる。最近のゲームはオンライン機能が当たり前のようにあるが「その両方を同じ言語で記述できて嬉しい」というものらしい。

NekoVMは、それを駆動するための独自開発の仮想マシンインタプリタ)である。

「Neko」は日本語の「猫」を意味し、アイコンは「虎」となっている。

主に同社のゲーム開発で使用されているらしい。2018年から2019年にかけて同社の「Dead Cells」は空前の大ヒットとなった。

関連項目[編集 | ソースを編集]