「Null」の版間の差分

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動
imported>Administrator
 
1行目: 1行目:
 
'''null'''(ぬる、なる)とは、[[プログラミング言語]]において「無」を意味する物のことである。
 
'''null'''(ぬる、なる)とは、[[プログラミング言語]]において「無」を意味する物のことである。
 
 
一部の[[プログラミング言語]]ではnullではなく「[[nil]](ニル)」が使われることもある。
 
一部の[[プログラミング言語]]ではnullではなく「[[nil]](ニル)」が使われることもある。
  

2019年11月15日 (金) 07:46時点における最新版

null(ぬる、なる)とは、プログラミング言語において「無」を意味する物のことである。 一部のプログラミング言語ではnullではなく「nil(ニル)」が使われることもある。

語源[編集 | ソースを編集]

nullは、ラテン語で「無」を意味するnulluse(どちらも読み:ぬる、複数系のnullaeという説もある)に由来する。 一部の文献では英語の発音である「なる」となっているものもある。 「ヌル」も「ナル」も方言的なものであり意味は同じなのでどちらでも良い。

なお、一部のプログラミング言語で用いられる「nil」は機能的には同一の意味であることが多いが、語源的に異なるので注意する必要がある。

プログラミング言語ごとのnull[編集 | ソースを編集]

C言語[編集 | ソースを編集]

FreeBSDに付属の標準ライブラリのソースコード(/usr/include/sys/_null.h)では以下のように定義されている。 nullの定義は、実装や環境により異なる場合があるかもしれないが、多くの文献において「(void*)0」となっており、ほぼ同一であると思われる。

#define     NULL    ((void *)0)

関連項目[編集 | ソースを編集]

参考文献[編集 | ソースを編集]


外部リンク[編集 | ソースを編集]