「TFカード」の版間の差分

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
1行目: 1行目:
TFカード(語源:Trance Flash Card)とは、2004年に[[サンディスク]]と[[モトローラ]]が共同開発した[[フラッシュメモリ]]の形状である。現在の「[[microSDカード]]」である。
+
'''TFカード'''(語源:Trance Flash Card)とは、2004年に[[サンディスク]]と[[モトローラ]]が共同開発した[[フラッシュメモリ]]の形状である。現在の「[[microSDカード]]」である。
  
 
==概要==
 
==概要==
10行目: 10行目:
  
 
==現在でも使われている==
 
==現在でも使われている==
[[SDアソシエーション]]に年会費(約20万円)を払っていない企業は「microSDカード」という商標利用ができない関係で今でも「TFカード」という名称を使っている。実勢価格5000円くらいの[[Android TV BOX]]などは「TFカード」表記が多い。
+
[[SDアソシエーション]]に年会費(約20万円)を払っていない企業は「microSDカード」という商標利用ができない。その関係で中小企業などの製品は今でも「TFカード」という名称を使っていることがある。とくに中国製の実勢価格5000円くらいで売られている[[Android TV BOX]]などは「TFカード」という表記が多い。

2020年3月27日 (金) 03:55時点における最新版

TFカード(語源:Trance Flash Card)とは、2004年にサンディスクモトローラが共同開発したフラッシュメモリの形状である。現在の「microSDカード」である。

概要[編集 | ソースを編集]

当初は「Tカード」というツタヤの会員カードみたいな名称であったが、米国のT-Mobile社が同名の商標を持っていることが発覚し「TFカード」にリネームされた。

後に仕様の管理がSDアソシエーションに移管され、2005年7月13日に「microSDカード」となった。

最初の製品[編集 | ソースを編集]

Motorola E398」がTFカードスロットを搭載した最初の製品だとされている。

現在でも使われている[編集 | ソースを編集]

SDアソシエーションに年会費(約20万円)を払っていない企業は「microSDカード」という商標利用ができない。その関係で中小企業などの製品は今でも「TFカード」という名称を使っていることがある。とくに中国製の実勢価格5000円くらいで売られているAndroid TV BOXなどは「TFカード」という表記が多い。