Tor秘匿サービス

提供: MonoBook
2014年5月20日 (火) 07:32時点におけるAdministrator (トーク | 投稿記録)による版 (概要)
移動先: 案内検索

Tor秘匿サービス(読み:とーあ・ひとく・さーびす、英語:Tor Hidden Service)とは、Torにおいて、Torネットワーク内で全ての通信を完結させることで、サーバークライアントも身元を明かさずに各種のサーバーWebサーバーIRCサーバーなど)を運用可能にする機能のことである。

概要

Torの脆弱性

Tor脆弱性を突く技術はほぼ全てTorネットワークインターネットの接続点である「出口ノード」に関するものばかりである。つまり、出口ノードが単一障害点であると言える。

Torの出口ノードは何かしらの事件があれば真っ先に調査対象となるため、出口ノードになるという勇者(主に世界各国の人権団体など)は非常に限られており、定期的に出口ノードのIPアドレスを集計し、データベース化しておくことで、Tor経由の接続を検出することができる。また、パケットキャプチャを仕掛けた出口ノードでは発信源は不明だが通信内容は傍受できたりする。

Torの応用

そこで考えられたのが、Tor秘匿サービスであり、出口ノードを一切利用せずに、Torネットワーク内ですべてを完結する方式が考えだされた。ほぼ無敵である。ただしFBIのハッカー集団から狙われやすいので管理に注意。

Tor秘匿サービスでサーバーとなるノードには「半角英数16文字+.onion」という特殊なドメインを使用したドメインが割り振られる。この特殊な疑似ドメインを持たせることにより、特定のIPアドレスと結びつけることなく、Torを実行させているノード同士が接続することができる。

Tor秘匿サービスにおける通貨

Tor秘匿サービスにおいては主にビットコインが通貨として使われている。ビットコイン自身の匿名性は高くないのに何故…。

主なTor秘匿サービス

主なTor秘匿サービスは「Hidden Wiki」にまとまっている。また、そのWikiにはTor秘匿サービスの検索エンジンの一覧もある。日本のサイトは未だに少ない。なお、サービスの永続性について期待してはならない、特に金融サービスにおいては。

関連項目

参考文献