「VisionX」の版間の差分

提供: MonoBook
移動先: 案内検索
(ページの作成:「'''VisionX'''(読み:びじょんえっくす)とは、ドイツのSIB Visions社がオープンソースの下で開発および販売しているローコ…」)
 
(相違点なし)

2019年7月9日 (火) 03:22時点における最新版

VisionX(読み:びじょんえっくす)とは、ドイツのSIB Visions社がオープンソースの下で開発および販売しているローコード開発ツール超高速開発ツール)である。

概要[編集 | ソースを編集]

ライセンスは大部分がApache license 2.0を採用しており、一部にLGPL 3.0EPL 1.02条項BSDライセンスなどを採用している。

ソースコードの大部分はJavaで書かれているが、一部にPHPTypeScriptなども使用されている。

スクリプト言語としてLuaを採用している。

バックエンドのデータベースが非常に幅広い。

VisionXはJava EEのアプリケーションとなっている。特定のアプリケーションサーバーに依存するということもなく、Apache TomcatJettyWildfly(旧JBoss)などで利用できる。

外部リンク[編集 | ソースを編集]

関連項目[編集 | ソースを編集]