オプション取引

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

オプション取引英語:option)とは、デリバティブの一種であり、未来を予測して決めた価格で取引契約する「権利」をで取引契約することをいう。

概要[編集 | ソースを編集]

オプション取引は一定の手数料(オプション料)を払うことで「未来の購入権」を買うというものである。売買するのはあくまで「権利」なので放棄することもできる。だたし放棄した場合にはオプション料は戻らない。

不動産や自動車の契約などでよくある「手付け金」に「先物取引」の要素を合体させたようなものである。

「権利の破棄」という損切りができるだけ先物取引よりは安全そうに思えるが、そのほとんどは高レバレッジ証拠金取引であるため、やっぱり素人は死ぬ。

関連項目[編集 | ソースを編集]