ナムコ

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

ナムコとは、デパート屋上遊戯器具の製造会社である。 以前は中村製作所と名乗っていた。

たまにDLCで搾取したりゆうパックを顔にぶつけたりもする。 「NAMCO」のNとMを入れ替えてニヨニヨしてはいけません。

[編集 | ソースを編集]

2006年3月31日にバンダイと合併しゲーム部門はバンダイナムコゲームスとなった。 合併の際アミューズメント部門を中心とした部署を「ナムコ」として独立させている。 ナンジャタウンや各地のフードテーマパークを運営。

[編集 | ソースを編集]

テキ屋をやっていた祭り大好きのオッサンが、海外の移動遊園地、特にメリーゴーランドに憧れるも、 壮大すぎて祭会場には置けなく涙目。 オッサンは、ちょっとスケールは小さくなるが、木馬を手作りし、デパート数社に頭を下げて回ってみると、 なんと屋上に置かせてもらえることに。 しかも、これが大ウケ。

調子に乗って木馬の横に置くアーケードゲーム機も作ってしまう。 なんと、これも大ウケ。

更に屋台をやっていたテキ屋仲間に声をかけて飲食街を作ってみる。 驚くことに、これも大ウケ。

後に遺産問題が浮上しバンダイと合併。

余談だが、元テキ屋らしく、ネズミの警察がネコのヤクザに追い回されるという皮肉を込めたゲームを作り、 一時警察とピリピリしていたとかいないとか。

また、社訓に「楽しかったと言う思い出」を掲げ、今でも祭ネタのゲームは欠かさず出している。

ファミコン時代の特権[編集 | ソースを編集]

ファミコンにおいては、どの会社も基本的に任天堂にカセットの製造委託をしなければならなかったのだ。しかし、ナムコなどの初期のファミコンを支えた会社は任天堂から「独自にカセットを製造してもよい」という特権を与えられていた。このためナムコ製のファミコンカセットは任天堂が製造した純正ファミコンカセットとは形状が異なる。

ただ、この特権を乱用し、カルチャーブレーンスーパーチャイニーズなどにおいて、任天堂のライセンス生産を真似たビジネスを行ったため、スーパーファミコンでは特権会社は一切認められなくなったとされている。ただ、スーパーファミコンでの特権廃止は、実際には初心会の強権発動であるという話もある。