MonoGame/クラスライブラリ/GraphicsProfile列挙体

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

GraphicsProfile列挙体は、MonoGameで使用するグラフィック機能を、完全に使い切るか、制限するかを設定するのに使用する列挙体である。 グラフィック機能を制限することでマイナーなプラットフォームにも対応するらしい。 もともとはXNA時代に「Windows Phone対応」を含めるか含めないかの設定に使用したものらしく、MonoGameで意味をなしているのかは不明。

名前空間[編集 | ソースを編集]

構文[編集 | ソースを編集]

public enum GraphicsProfile

フィールド[編集 | ソースを編集]

名称 概要
HiDef MonoGameで使用できるグラフィック関連APIを制限しない。
Reach MonoGameで使用できるグラフィック関連APIを制限する。機能が減る代わりにWindows Phoneなどの様々なデバイスがサポートされるそうだ。

主な使い所[編集 | ソースを編集]

MonoGameでの初期値はReachなのでHiDefに変えてみる。Xamarin.Mac版のMonoGameで実行したところ特に変化はない。

    public class Game1 : Game
    {
        public Game1()
        {
            graphics = new GraphicsDeviceManager(this);

            graphics.PreparingDeviceSettings += (sender, e) =>
            {
                e.GraphicsDeviceInformation.GraphicsProfile = GraphicsProfile.HiDef;
            };
        }
    }

関連項目[編集 | ソースを編集]