エドワード・ジョセフ・スノーデン

提供: MonoBook
移動: 案内検索

エドワード・ジョセフ・スノーデン英語:Edward Joseph Snowden、1983年6月21日-)とは、アメリカ合衆国の元諜報員、いわゆるスパイである。主にDELLの社員として日本を中心に活動を行っていた。

概要[編集]

米国の機密文書を大量にノートパソコンに入れて国外逃亡、その一部をマスコミに大公開し一躍時の人となった。

2009年から2013年の告発の直前までの間、NSAの局員として、また大手PCメーカーのデルの社員として、主に日本においてスパイ活動を行っていた[1]。不思議なことにスノーデンがらみの話題は、なぜか他国でばかり盛り上がりを見せており、日本ではあまり話題になっていないという。

ハセカラ民0chiaki‎がエドワード・スノーデンに影響をうけたとみられるPC環境、ネット環境であることが判明し少し話題になった。 また、0chiaki‎の逮捕劇ではスノーデンが推奨する諜報に強いとされるTails OSの弱点も露見した。これを教訓に今後はさらに改善され対応が難しくなるものと思われる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]