カテゴリ:Lua

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Lua(読み:るあ)とは、様々なプログラムに埋め込む前提のプログラミング言語である。

概要[編集]

Luaは、プログラムにいわゆるマクロを簡単に実装できるというコンセプトのプログラミング言語である。 Luaのソースコードを埋め込むことで部分的な修正も容易になる。 とくにゲームのように再ビルドに際して画像や音楽などのファイルのコピーだけでも死ぬほど時間のかかるシステムでは、いちいち再ビルドせずにイベントなどを実装できるスクリプト言語として非常に人気が高い。

文法は初期のPascalに似ている。 Luaには5.1と5.2と5.3と三種類の主流がある。微妙に互換性がない。自分で使う場合にはとりあえず最新のを使っておけばよい。他人様の作ったアプリでLua部分だけをいじる場合はバージョンに気をつけよう。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

カテゴリ「Lua」にあるページ

このカテゴリには 3 ページが含まれており、そのうち以下の 3 ページを表示しています。