パンチカード

提供: MonoBook
移動: 案内検索
ファイル:Blue-punch-card-front-horiz.png
20世紀に最も広く使われた80欄のパンチカード。寸法は 187.325 mm × 82.55 mm。この例は1964年のEBCDIC文字セットにそれ以前につかわれていた特殊記号を加えて示したものである。

パンチカード英語:punch card)とは、輸送中に転倒して列び順がグチャグチャになると諸先輩方からパンチを喰らう紙を使用した記録媒体の1つである。

概要[編集]

パンチカードとは各種試験などで使われるマークシートのようなものである。このパンチカードと呼ばれる紙にソースコードを記載し、ページ順を整えて、読み取り機にセットすると、順次デジタルデータとして読み取られるという。パンチカードは主にFortranCOBOLを主力とする大型機の世界で使われていた。

パンチカードと似たような物に「穿孔テープ」というがあるが、こちらはパンチカードのように1枚1枚がバラバラではなく、一本のテープ状に繋がったものである。穿孔テープであれば輸送中に転んでも列び順がグチャグチャになることはない。こちらは初期のパソコンなどの小型機に多かった方式である。

穿孔テープよりもパンチカードは輸送や管理が面倒ではあるが、1枚単位に分かれていることでページ単位でデバッグおよびソースコードの修正(差し替え)が容易にできるという特徴があり、大人数が関わりあうデスマーチぎみなプロジェクトでは人気が高かったと言われている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]