企業が凋落する5段階

提供: MonoBook
移動: 案内検索

企業が凋落する5段階英語:FIVE STAGES OF DECLINE)とは、アメリカの経営学者であるジム・コリンズが提唱した企業衰退のよくあるパターンのことである[1]

概要[編集]

大雑把にいえば以下のとおりである。

  • 第1段階…成功体験から生まれた自信過剰
  • 第2段階…規律なき規模の追求
  • 第3段階…リスクと危うさの否定
  • 第4段階…救世主にすがる
  • 第5段階…存在価値の喪失か消滅

英語の書籍であるが、現在は日本語にも翻訳されている。

日本はトヨタ自動車の豊田章男社長が就任に際して「救世主にすがるという凋落の第4段階に位置すると考えている」「私は救世主ではない」と発言して一躍有名となった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]