殺しのライセンス

提供: MonoBook
移動: 案内検索

殺しのライセンスとは、殺人を行っても不問にされる特権のことである。

概要[編集]

もともとは世界的な大流行を生んだイギリスの作家イアン・フレミングのスパイ小説、およびこれを原作とする映画ゲームなどの主人公であるジェームズ・ボンドが持つとされる「任務中に容疑者を殺害しても不問にされる特権」の名称である。

これが転じて、特権階級(例:富豪・議員・警官など)が殺人などを行った際に、不問、もしくは極端に軽い刑となる事象を揶揄して使われる。

また、知的障害などを持つとされ、裁判において責任能力が無いと認定された者を指すことも多い。

関連項目[編集]

参考文献[編集]